「ほっ」と。キャンペーン

See you soon

このブログの引越しをすることにしました。

残念なことに、私の技術が高くないために、うまく使えなかったためです。

次回からは、こちらをご覧になってくださいね。

今までありがとうございました。
[PR]
# by onetwothree-steps | 2010-11-25 05:20 | 英会話

イギリス人のよく使う言葉、POSH

サッカーの人気者デービッド・ベッカムの奥さんのヴィクトリさん。

彼女がイギリスで大人気の女の子バンドのSpice Girlsのメンバーで活躍していたときの

ニックネームはPOSHでした。

バンドの一人ずつが、Sporty,Babyなどのニックネームをつけて、

インパクトの強いニックネームをつけていたのです。

このニックネームに合わせ、それぞれが、髪型、洋服、イメージ作っていました。

覚えている方もいるかもしれませんが、POSH SPICE(ヴィクトリ)は、

髪の毛をボブにし、洋服はスタイリッシュな格好をしていました。

一時は、ポッシュと言う言葉がでてくれば、すべてが彼女を指しているなんて

ときもありました。


このPOSHという言葉ですが、辞書を調べると優雅、高価などと書いてありますが、

実際使われる意味は少し違っています。

英語では、
* あの人ポッシュね。
* あの人は、ポッシュファミリーに育っているからね。
* あの子達、ポッシュスクールにいってたのね。
* あの人のアクセントはポッシュね。
* あなたのバックはポッシュね。


日本語の感覚ではこのような風に使われます。

つまり、ポッシュの中には家がよい、階級的にはちょっと上

という
、ニュアンスがあります。

イギリスの俳優ヒュー・グラントはポッシュですが、彼の演じる役もポッシュです。
コリン・ファースもポッシュですね。

His family is posh. 彼の家族はよい家系です。

Kate Middleton is a posh girl. ケート・ミドルトン(ウィリアム王子のお嫁さんになる方)は、品の良い(育ちがよい)人ですね。

He has got an extremly posh acccent.(彼は、非常に品の良い話し方をします。)

こんな感じですね。

どうぞ使ってくださいね。

スカイプを使って行うイギリス発英会話教室に、ご質問、お問い合わせがありましたら、こちらまで。

123stepsinfo@gmail.com


Thank you for visiting me today!!

応援お願いいたします。
にほんブログ村 英語ブログ イギリス英語へ
にほんブログ村
[PR]
# by onetwothree-steps | 2010-11-23 23:45 | 英会話

英語を学ぶのに、イライラはつきもの

英会話ワンツースリーステップスの高橋です。

今日も、私のブログにいらしてくださりありがとうございます。

今日の話題は、英語を学ぶのにイライラはものということです。



英語の勉強を全くせず、イギリスに到着した私。

知っている英語はあっても、聞けない、言えないでした。

毎日3時間あまり英語のクラスに通い、なるべく英語だけで

生活しようと努めました(英語のクラスには日本人もたくさんいましたから)。

ところが、使える英語はほんの少し。

単語も少ししかありません。

一生懸命話そうとしても、時間はかかる、

言いたいことの100分の1も言えない。

そんな時期が数ヶ月続きました。



まるで子供に戻ったようでした。

言いたいことがいえないんですから。

イライラも積もります。

日本語から英語に訳して話そうとすると、ますます

変な英語になります。

それで、決心したのが、習った英語だけで話すこと

頭の中で日本語を英語に訳さない

どんな少ない単語でも、訳さず、話す

繰り返し、繰り返し同じことを言っていると、そのうち

単語が増えてきます。

また、先生が使っている言葉などを少し聞けるようになり、

それが、使えるようになってきました。



そうなんです。

誰でも、こんな時期を通って、英語が話せるようになるのです。

少し話せるようになるまでには、そのイライラを超えなくちゃ

いけないようです。




でも、できますよ。

一緒にがんばりましょう。

わたしにも、できたのですから。

英語で夢を見る日も遠くないかもしれません。


私と英語を学んで見たい方、または、質問事項事項がありましたら、

123stepsinfo@gmail.comまで
お問い合わせください。

応援お願いいたします。
にほんブログ村 英語ブログ イギリス英語へ
にほんブログ村
[PR]
# by onetwothree-steps | 2010-11-23 02:47 | 英会話

英語を学ぶ環境を作る

Hello!! 英会話ワンツースリーステップスの高橋です。

いつも、ブログにいらしてくれてありがとうございます。


英語が話せるようになるためには、英語の環境を作ること

これは、大事なことですよね。

「海外に留学できればよいんだけど」と私も思っていました。

実際、留学?(英語学校に行ったのですが)したことで、英語が少し話せるようになりました。

6ヶ月で、かなり話せるようになりました。

元々おしゃべりということもあるのでしょうが、とにかく話すことに集中し、
必死に話ました。

イギリスでは、ホームステイを最初の3ヶ月していましたが、

テレビを見させてもらえるような環境ではなかったので、

ラジオを聴くくらい、授業のあとは、日本人の友達とぶらぶらしていました。

でも、街で出会う人の英語を必死に聞き、3ヶ月が過ぎた頃から、突然話せるようになってきました。


日本でお忙しくお仕事している方や学生さんが、同じことをするのは難しいですよね。

ラッキーなことに、でも、私がイギリスにやってきた20年前とは、時代が全く変わってしまいました。

英語の環境を作るのは、日本に生活していてもとても楽になったのです。

どうですか?毎日の生活を、見回してください。

今は便利なインターネットがありますから、
日本にいても、海外の生活をすることができます。

テレビでも、副音声で英語で見れますし、海外ドラマも豊富なほどあります。

またご自分の興味のある事を、インターネットで探し、英語で読むことは本当に簡単になりました。

ブログにコメントを入れることなんかもできますよね。
難しい英語ではなく、中学生の単語で十分。最初は勇気が必要でしょうが、受けてはとてもうれしいがるはずです。特に、日本からと一筆入れることで、相手も大喜びでしょう。

フェイスブックや、ツイッターで知り合いをつくることもできるでしょう。

イギリス人の知り合いのほとんどが、フェイスブックをしています。

みんな友達を増やすのが好きなようです。

日本から友達になりたいといえば、友人になることもできるはずです。

世界のラジオ番組を、インターネットで聴けますし、最近はポッドキャストといって、ラジオの番組をダウンロードすることもできます。生きた英語はどんどん、聞けるはずです。

朝から、英語のニュースを観る、聞く、インターネットで興味のあることを英語で読む、興味の分野の本を買って読む(円が高いので、今はイギリスで本を買うよりも、英語の本は安く買えちゃいます)。覚えた英語をぶつぶついいながら生活する。
英語を話す機会があったら、恥ずかしがらず、チャンスだと思って話してみる。
1語日記を英語でつける。
MP3プレヤーに英語のインタビューや、小説などをダウロードして、聞いてみる。


など、日本にいても英語を話したり、学ぶ機会はあるのです。

どうですか?

今日から、やってみませんか?


ご質問などありましたら、メイルをいただけたらと思います。

またイギリス発英会話教室のクラスへのお問い合わせもこちらへ。

123stepsinfo@gmail.com

応援お願いいたします。
にほんブログ村 英語ブログ イギリス英語へ
にほんブログ村
[PR]
# by onetwothree-steps | 2010-11-22 04:01 | 英会話

右脳?左脳?英語の脳は論理的

Hello, how have you been?
今日も、私のブログに来てくださりありがとうございます。
イギリスウェールズ在住のの高橋です。

日本語は右脳で考えるそうです。

日本語以外の言語は左脳の言葉だそうです。

つまり、英語は論理的だということです。

では、論理的だということは、どういうことでしょうか?

日本人の人がネーティブの人と話していて、ぶつかる壁はこれなのです。


つまり、日本人の話す英語は論理的ではないということ。

このことがあまりわかっておらず、私はどれほど、夫を待たせたでしょうか?

待たせるといっても、私が待ち合わせで遅れてきたということではありません。


会話においてです。

日本人は理由を最初に言ってから、答えをずっと後に述べる。

日本人とビジネスをする人たちは、答え待ちですごく困ったという話を聞いたことがあります。

あいまいで、ちっとも答えがもらえない(作戦の場合もありますが)。

それで、イライラしてしまうと。

つまり、
イギリス人の夫: 明日、10時に待ち合わせでいいね。
以前のわたし: あしたは、**さんと9時に会って、その後、買い物をするから、とても10時じゃあえないな。

イギリス人の夫がまず聞きたかったのは、No(だめです)という答えです。
そのあとに、理由を言って欲しかったのです。

これは、短い例ですが、以前はもっと、もっと長い文章を述べてから、答えを言っていました。


そうなんです。

論理的な話し方とは、まず、Yesか、Noを言いましょう。

それから、理由を並べていくのです。

慣れないうちは、とてもむずかしいのですが、

これが、わかると、相手をイライラさせることなく、会話がスムーズになって行きます。



英語の質問などがありましたら、お問い合わせください。

またイギリス発スカイプ英会話教室に興味をお持ちの方も、

123stepsinfo@gmail.com迄お願いします。


応援お願いいたします。
にほんブログ村 英語ブログ イギリス英語へ
にほんブログ村
[PR]
# by onetwothree-steps | 2010-11-20 11:10 | 英会話