5、I'm going to とwillの違い

今日は、文法を。質問がありましたから、I'm going to とI willの二つの違いは?と調べてみました。

イギリスの文法の本によるとI'm going toというのは、現在と未来をつなげる役割をする。未来形よりも近い、未来とあります。

またI'm going toは、何かをしようと意識して行動するときに使うともあります。

例えば、「お風呂に入ろう」と思っているときです。
I'm going to have a bath.

3回目のレッスンであったように、「何をしますか」というときに、「何、何をしようと思っている」ときに、使います。

それでは、I willは?ということですが?
1、未来を予測するとき。または計画をしているとき。
明日も暑くなるでしょう。Tomorrow will be hot again.

2、会話をしているその瞬間に思ったことをいうとき。
「何か飲みますか?」 Would you like something to drink?
「オレンジジュースをください」 I'll have some orange juice.


では、二つの違いは?
I'm going to  は未来に起こることですが、結果が現在起こりつつあること。つまりその話しているとき、起こりつつあること。
木登りをしています。突然片手が木から離れてしまいました。そして「キャー落ちちゃう」というのが、英語では、I'm going to fall.という表現になります。

wiiは、木を上る前に、「この木に登ったら、落ちるかな?」と思っているとき。I'll fall if I climb this tree.

そして、上記の使い方です。

でもわたしからのアドバイスです。文法や細かいことに、気にせずに、どんどん話してみること、言ってみること方が重要です。3回のレッスンは、will にでも置き換えて言うこともできそうだということです。聞いている相手は、ほとんど意識していないからです。細かいことが気になって、話せないよりも、何でもかんでも、口に出して言ってみるほうが、話すためには重要です。

そうといっても、ウェールズ語を学ぶ過程で、大人はどうしても文法がわからないと、理解した気にならないのは十分わかっています。でも、間違っても良いのです。どんどん文章を作ってみましょう。わたしの普段話している英語も間違いは多いのです。

このブログを書いているときも、常に間違いがないか確認して、いるくらいですから。
[PR]
by onetwothree-steps | 2010-08-25 18:17 | 英会話
<< 6、勇気を出して話してみよう 4、I'm going... >>