9 Please 2お茶をどうぞ

今でも夫との笑い話になっていることがあります。
夫と最初に出会ったころに、紅茶を作ってあげて、「さあどうぞ」というときに、わたしは、「お茶をどうぞ」と言うつもりで「Tea please」と言っていました。

言うたびに夫は笑っていました。最初はわからなかったのですが、自分の間違いに気がつきました。さて、何がおかしいのでしょうか?

英語ではお茶をどうぞという言い方はしません。お茶を誰かにあげるときには、Here you areどうぞ、というかんじでしょうか)といいます。

Tea pleaseは、お茶をお願いしますということになってしまいます。

その後母がお茶を作り、夫にあげるときも同じ使い方をして、大笑いをしたことがあります。

ちょっとした言葉の違いです。

ちなみに、先日フランスのレストランで、コーヒーを出されたときに、どうぞという意味で、
シルブープレと日本語と同じような使い方をしていました。フランス語の話せる友人に聞いたら、フランス語では日本語と同じように使えるとのこと。各国の言葉の違いを感じさせてくれる経験でした。
[PR]
by onetwothree-steps | 2010-08-27 18:28 | 英会話
<< 10 これを頂いても(もらって... 8 英語のマジックワード Pl... >>