英語を学ぶのに、イライラはつきもの

英会話ワンツースリーステップスの高橋です。

今日も、私のブログにいらしてくださりありがとうございます。

今日の話題は、英語を学ぶのにイライラはものということです。



英語の勉強を全くせず、イギリスに到着した私。

知っている英語はあっても、聞けない、言えないでした。

毎日3時間あまり英語のクラスに通い、なるべく英語だけで

生活しようと努めました(英語のクラスには日本人もたくさんいましたから)。

ところが、使える英語はほんの少し。

単語も少ししかありません。

一生懸命話そうとしても、時間はかかる、

言いたいことの100分の1も言えない。

そんな時期が数ヶ月続きました。



まるで子供に戻ったようでした。

言いたいことがいえないんですから。

イライラも積もります。

日本語から英語に訳して話そうとすると、ますます

変な英語になります。

それで、決心したのが、習った英語だけで話すこと

頭の中で日本語を英語に訳さない

どんな少ない単語でも、訳さず、話す

繰り返し、繰り返し同じことを言っていると、そのうち

単語が増えてきます。

また、先生が使っている言葉などを少し聞けるようになり、

それが、使えるようになってきました。



そうなんです。

誰でも、こんな時期を通って、英語が話せるようになるのです。

少し話せるようになるまでには、そのイライラを超えなくちゃ

いけないようです。




でも、できますよ。

一緒にがんばりましょう。

わたしにも、できたのですから。

英語で夢を見る日も遠くないかもしれません。


私と英語を学んで見たい方、または、質問事項事項がありましたら、

123stepsinfo@gmail.comまで
お問い合わせください。

応援お願いいたします。
にほんブログ村 英語ブログ イギリス英語へ
にほんブログ村
[PR]
by onetwothree-steps | 2010-11-23 02:47 | 英会話
<< イギリス人のよく使う言葉、POSH 英語を学ぶ環境を作る >>