5、I'm going to とwillの違い

今日は、文法を。質問がありましたから、I'm going to とI willの二つの違いは?と調べてみました。

イギリスの文法の本によるとI'm going toというのは、現在と未来をつなげる役割をする。未来形よりも近い、未来とあります。

またI'm going toは、何かをしようと意識して行動するときに使うともあります。

例えば、「お風呂に入ろう」と思っているときです。
I'm going to have a bath.

3回目のレッスンであったように、「何をしますか」というときに、「何、何をしようと思っている」ときに、使います。

それでは、I willは?ということですが?
1、未来を予測するとき。または計画をしているとき。
明日も暑くなるでしょう。Tomorrow will be hot again.

2、会話をしているその瞬間に思ったことをいうとき。
「何か飲みますか?」 Would you like something to drink?
「オレンジジュースをください」 I'll have some orange juice.


では、二つの違いは?
I'm going to  は未来に起こることですが、結果が現在起こりつつあること。つまりその話しているとき、起こりつつあること。
木登りをしています。突然片手が木から離れてしまいました。そして「キャー落ちちゃう」というのが、英語では、I'm going to fall.という表現になります。

wiiは、木を上る前に、「この木に登ったら、落ちるかな?」と思っているとき。I'll fall if I climb this tree.

そして、上記の使い方です。

でもわたしからのアドバイスです。文法や細かいことに、気にせずに、どんどん話してみること、言ってみること方が重要です。3回のレッスンは、will にでも置き換えて言うこともできそうだということです。聞いている相手は、ほとんど意識していないからです。細かいことが気になって、話せないよりも、何でもかんでも、口に出して言ってみるほうが、話すためには重要です。

そうといっても、ウェールズ語を学ぶ過程で、大人はどうしても文法がわからないと、理解した気にならないのは十分わかっています。でも、間違っても良いのです。どんどん文章を作ってみましょう。わたしの普段話している英語も間違いは多いのです。

このブログを書いているときも、常に間違いがないか確認して、いるくらいですから。
[PR]
# by onetwothree-steps | 2010-08-25 18:17 | 英会話

4、I'm going to これから何かをします

レストランにいます。ウェイターが注文を取りにやってきました。
What would you like?「何を食べますか(にしますか)?」

I'm going to have Pasta please.「パスタにします(お願いします)」

または、家族、友人にWhat are you going to eat/ have now/lunch/dinner?何を今・お昼・夜ご飯に食べますか?」にも、上記の答えが使えます。このときには、プリーズは省いてもいいかもしれませんね。

I'm going to 何か行動をするときに使います。つまり「わたしは、これからーーをします」という意味です。昨日の、I am doingは何かをしている最中でしたから、未来の話をしていると思えばよいと思います。とても便利な言い方ですから、どんどん使いましょう。

I'm going to take this one.(お店で。これをください)。

I'm going to show you.(見せてあげるね)。

I'm going to drink cup of tea now.(お茶をこれから飲むわ)。

I'm going to see a friend.(友達に会いに行くよ)。

I'm going to write my blog.(ブログを書くよ。)

I'm going to buy orange one.(オレンジ色のを買います)。

I'm going to wash these clothes.(洋服を洗濯します)。


this one, orange oneという表現がありますが、「これ」という意味です。お店などでその商品名がわからないときに、「これ」と指をさせばよいので、とても便利な言葉です。

 八百屋さんに行ったとします。見たことがない野菜があります。食べてみたいのですが、名前がわかりません。そんなときに指をさし、 this one pleaseといえばよいのです。レストランではメニューを指差してもよいですね。便利な言葉です。

さあ、今日も紙に5つ書いてみて、何度も言ってみましょう。すらすら言えるようになったら、暗誦してみてください。
[PR]
# by onetwothree-steps | 2010-08-21 17:10 | 英会話

3、何をしているんですか?

What are you doing? 「何をしているの(しているんですか?)」

よく聞かれる質問です。

なんと答えますか?

わたしは、ブログを書いているので、
I'm writing my blog(アイム ウライティング マイ ブログ).Wの発音は、ラと言うよりも、ウがちょっとかかった感じです。

ご飯を食べているのなら、
I'm eating (lunch, dinner, breakfast, rice,pasta)など、、、(アイム イーティング)。

皆さんはブログを読んでいるところなので、
I'm reading Japanese blog (アイム リーディング ジャパニーズブログ)。

この他にも

I'm walking         (アイム ウォーキング)。         
I'm drinking.         (ドゥリンキング)。        
I'm watching T.V.        (ウォッチング ティーヴィー)。 
I'm using a computer.    (ユーズィング マイ コンピューター)。
I'm making dinner/coffee.  (メイキング ディナー・コーヒー)
I'm swimming.        (スイミング)。
I'm slicing a carrot      (スライシィング ア キャロット)。
I'm doing my homework   (ドゥーイング マイ ホームワーク)。

わたしは、歩いています。飲んでいます。テレビを見ています。コンピューターを使っています。食事・コーヒーを作っています。泳いでいます。にんじんを切っています。宿題をしています。
なんて言えますね。

基本形は、もうおわかりのように、I'm --------ingです。文法用語では現在進行形といいましたよね。行動をしている最中のことです。

単純な文章ですが、いろんなことが言えますね。
今日も、5つ文章を考えて、紙に書いてみましょう。
そして何度も読み返し、最後に紙を見ずにいえるように。
鏡の自分に話して見るのもよいかもしれませんね。

See you next time.
[PR]
# by onetwothree-steps | 2010-08-20 22:15 | 英会話

2、あいさつ

Hello!!(ハロー), how are you ?  
 
「ハーワーユー?」と聞かれたら、なんと答えますか?    
I'm fine, thank you.

「お元気ですか?」と聞いてください。
How are you?


ワンツースリー: I'm fine thank you.

上の会話は、「日本語では、こんにちわ。お元気ですか?
ええ、元気です。」
という感じですね。

日本語でも同じですが、この短い会話は朝起きたとき、道で人に会ったとき、または電話での挨拶と、このパターンが繰り返されます。今度英語の映画を見に行くとき、注意してみてください。だいたいこの言い回しが使われます。

How are you? の質問に、答えはI'm fineと戻ってきます。例えば風邪をひいている、頭がいたい、問題を抱えている、、、そんなときでも、「アイムファイン」と答える人が多いものです。それから、実は頭痛がするんだとか、風邪をひいているんだけど、、、と説明をする人もいますが。

I've got/ have a headach(アイゴッツ ア ヘデェッ 頭痛がする)。
     a cold(アイゴッツ. ア コール 風邪を引いています)。
I have a problem(アイハ ア ロブレム。問題をかかえています)。

*haveは I've gotとイギリスでは言うことが多いです。もちろん、haveでも通じます。V,b,ch,d、pはちょっと、強調するつもりで発音してみましょう。日本語にはこういう発音がないので、この音が聞こえないと、相手に通じにくいのです。アメリカではアイゴッターと発音するはずです。

アイムファインのあとに、サンキューは言ったほうが、気持ちが良いでしょう。

ちなみに、この簡単な会話、そのときの相手の態度、自分の体調などによって、言い方いろいろできますから研究を。明るく言ってみる。暗く言ってみるなど。

昨日の「わたしはーです」の文章を5つ考えてみましたか?あまりにも簡単でおどろいたのではないでしょうか?どんな文章でしたか?今日も5つ作ってみてください。
わたしの文章は、
I am wife.
I am watching T.V.
My husband is English.
I have a small farm.
I like chocolate.

1、文章を紙に書いてみて、何度も声を出していってみてください。
2、紙を見ずにいってみましょう。
3、昨日のブログのイギリス人の女性を思い出しましょう。彼女に対して話しているところを想像してください。
上手に言えましたか?

***********************************
南フランスでアロマセラピーの英語の通訳をすると、ツアーに参加する皆さんがあっという間に英語が上手になるので、驚いてしまいます。なぜででしょう?みんな英語の勉強をしたことがあるからです。でも最初はみんな話せません。

なぜでしょう?
1、間違ってしまったら恥ずかしいと、思っている。
2、長い文章を話そうとする。
3、話したことがないので、勇気がない。

4、相手の言っていることがわからない。
ところが、わたしの通訳する英語は短い文章の集まり。そして日本語アクセント。
わたしの英語はよく聞き取れるし、わたしの話し方を真似するので、短い文章で言いたいことが言えるようになっちゃうのです。そしてわたしは自信を持って話している。

どう思いますか?

Thank you for visiting me again.
[PR]
# by onetwothree-steps | 2010-08-19 22:01 | 英会話

1、ウェルカム

英語に苦労する人は多いはずよね。わたしがイギリスの地を踏んだのはもう20年前のことです。高校まで学んだ英語で、さあ会話をしようと思いましたが、そうは簡単にいきませんでした。パリからバスで到着したロンドン。「駅はどこですか?」Where is the station? そんな簡単な英語さえもよくわからず、でも駅に行きたかったで、変な英語で質問しました。ところが帰ってきた答えは「*******」。なんと、相手の言っていることは何もわからなかったのです。実はその人がフランス語を話しているの?とさえ思ったのです。そのときは本当に困りました。学校で学んだ英語は何の役にも立たなかったからです。

間違いを何度も繰り返すうちに、ゆっくり英語は上達していきました。でも未だに困る場面に対面するんですよ。

英会話体験をしているうちに、なぜ自分が話せないかの分析を何度もしました。実は日本人は英語を驚くほど知っている。でも話せない。なぜ?

難しい英語をを知りすぎ。
英語を話したことがない。
話そうとするとつい、緊張してしまう。
リスニングをあまりしたことがない。

そこで、わたしの始めたことは、まず簡単な英語を使うこと。つまり、
I am Japanese.       わたしは日本人です。
I speak little English.      英語が少し話せます。
I live in Wales.         ウェールズに住んでいます。
I love gardening.        ガーデニングが好きです。
など。
つまり、文章を積み重ねることです。最初はわたし「I]から、あなた「YOU」へ、そして彼、彼女、わたしたち、彼らへ移っていきました。

さて、英語のレッスンです。

あなたは、友人宅にお昼に招待されました。ところが、そこにイギリス人の女性がいました。彼女は、日本語が話せません。まず、自己紹介をしましょう。

上記のような簡単な英語でいいのです。5つ文章を考えましょう。難しいことは考えず、簡単な文章にしましょう。

 I (わたし) + 動詞をくっつけましょう。
英語の動詞を覚えていますか?上の文章では、am, speak,live,loveです。
「です、話す、すんでいる、好き」に当たる言葉ですね。

できましたか?わたしの答えは、
I like my dog.       わたしはうちの犬が好きです。
I love the Beatles.        ビートルズが大好きです。
I like Japanese food.       日本食が好きです。
I am mother.           母です。
I have two daughters.      娘が二人います。

*英語では、loveを愛していますというだけではなく、「大好きだ、とっても」の意味でもつかいます。

こんな簡単な英語ですが、私のことが少しわかりますよね。

これから、毎回簡単な英語を一緒に学んでいきましょう。中学1年生の英語を知っていれば、会話は十分できますからご安心を。

See you next time(じゃあ、次回まで)。
[PR]
# by onetwothree-steps | 2010-08-18 16:29 | はじめまして