21 サーティーン、サーティー

英語の数は100くらいまでは、みなさん数えられると思います。

数字の発音で大変なのが、13-19までとそして30、40、50、60、70、80、90。これらの数字を言うと、しょっちゅう聞き直されますし、イギリス人同士でも聞き間違いが多いようです。そして聞き取るのも難しいのです。

さあ練習してみましょう。
13はThirteen (サアーティーン )ティーンの音は上がり、強調しましょう。
30 Thirty(サアーティ)ティーの音は下がります。

これからは、13と同じです。ティーンの音は上がり、強調。ティーの音はさがります。
14(フォーティーン )   40(フォーティー)
15(フィフティーン)        50(フィフティー)
16(シクスティーン)        60(シクスティー)
17(ゼブンティーン)        70(ゼブンティー)
18(エイティーン)         80(エイティー)
19(ナインティーン)        90(ナイティー)

何度も言って見ましょう。
英語の映画を観たり、ラジオを聴いて、数字を注意して聞いてみましょう。

How old are you? (何歳ですか) 
I'm 14/ I'm 40.(14歳です。40歳です。)

How much this apple?(このりんごはいくらですか?) 60 pence.
(60ペンスです。
)
[PR]
by onetwothree-steps | 2010-09-15 19:07 | 英会話
<< 22 こちらは、、、さんです 20 もう一度言ってください >>