英語を話せるようになるシークレット2

回目にお話したように、英語には勇気が必要です。

英語が話せるようになるシークレット2は、根性でしょう。

つまり、
1.続けること。
2・面倒くさいと思っても、どんどん聞くこと。
3・読むこと。
4・そして話すことです。


続けることは、本当に難しいです。私も、英語のほかの言葉も勉強していましたから、その大変さはわかっているつもりです。

何度もめげそうになっても続けるこれは大事です。

どんどん聞くこと
何も集中して聞く必要はないのです。
毎日の生活のリラックスしているときに、例えば車の運転中、お料理を作っているとき、電車の中など、気持ちがゆったりしているときに、なんとなく、音楽のように聴けばよいのです。

英語に耳が慣れることが大事だからです。

読むことで、新しい単語を覚えたり、こんな使い方をするんだと、学生のときの英語を思い出せます。何も、難しいものを読む必要はありません。

お料理が好きな人は、英語のレシピをダウンロードしてみたり、音楽が好きな人は、歌詞や、インタビューなどを読むなど、方法はいろいろあります。自分の興味のあることを読みましょう。

話してみましょう。学んだ英語はやっぱりアウトプット、外に発信しないと話せるようにはなりません。
ちょっと恥ずかしくても、町で迷っている外人の人に、声をかけてみるとか。カフェでお茶を飲んでいる人に、「どこから来たんですか?」なんて。

あなたが、日本代表のツーリストガイドになってみればよいのです。これがきっかけで、素敵なロマンスが始まったり、大切な友人関係ができるかもしれません。海外のお客様も、日本人の人と友達になりたいと、心から思っているのですから。

また、英会話の教室に通ってみるのもいいですね。
もちろん、私たちのスカイプを使って話す英語教室で、英語を一緒に学んでみることも、そんな1ステップのひとつです。


今日はここまで。

お話聞いてくれてありがとうございました。


英会話ワンツースリーステップに興味のある方は、
123stepsinfo@gmail.com
まで、ご連絡ください。



今日も、私のブログにいらしてくださり、ありがとうございます。

応援お願いいたします。
にほんブログ村 英語ブログ イギリス英語へ
にほんブログ村





[PR]
by onetwothree-steps | 2010-11-11 18:00 | 英会話
<< 英会話を続けるシークレット 英語を話せるようになるシークレット >>